Amazonギフトカード1000円プレゼント

Macbook ProでVALORANTを遊んでみた | プレイ方法と動作について

Apex Legendsに続いてVALORANTも気になっていたので、MacBookProで動作するか検証してみました。

MacBookPro 2019(16インチ)を使用して検証

要求スペック

必要最低スペック

OSストレージCPUメモリグラボ
Windows7 64bit4Gの空き Intel Core 2 Duo E84004GBIntel HD 4000

推奨スペック

OSストレージCPUメモリグラボ
Windows 7/8/10 64bit4Gの空きIntel i3-41504GBGeforce GT730

検証MacBookProスペック

GPUとメモリを盛っているので、最低画質ぐらいで動作してほしいところ。動作したら持ち運びゲーミングPCとしても使えるので、期待しています。

ディスプレイ16インチ(True Toneを採用したRetinaディスプレイ)
プロセッサ第9世代の2.4GHz 8コアIntel Core i9プロセッサ(Turbo Boost使用時最大5.0GHz)
メモリ32GB 2,666MHz DDR4メモリ
グラフィックスAMD Radeon Pro 5500M(8GB GDDR6メ‍モ‍リ搭載)
ストレージ1TB SSDストレージ
カラースペースグレイ

上記構成で約40万円
(コスパ最悪)

【 動作不可 】Parallels Desktop 15 +Windows 10の組み合わせでプレイ

Parallels Desktop 15とは

Parallels Desktop 15

Macで動作する仮想マシンです。Windows 10やLinuxをインストールでき、Windows 10がデスクトップの切り替えのように使用可能になります。

Mac←→Windows間を簡単切り替え。ファイルも共有できる。
参考 Parallels Desktop 15 for MacMac で Windows を実行

価格 8,345円

上記Parallels Desktop 15価格と別でWindows 10の購入が必要となるので、新規で買うと結構な出費になります。

ですが、ちょっとしたWindows 10の限定のアプリを使いたいという場合に非常に便利。再起動も要らず、簡単に動作しますので、MacでOfficeソフトを頻繁に使う方にはかなりおすすめです。 Parallels Desktop 15の30日のトライアルとWindows 10のシリアル番号なしでひとまず動作は確認できるので、気になる方は試してみてはいかがでしょうか?

私の方は丁度Windows 10の在庫があったので、購入・インストールしてみました。目的としてはゲームではなくWindowsアプリの使用と、この正月に年賀状の宛名を作成したかったので、「はがきデザインキット2020インストール版」の動作です。こちらは無事動いて簡単に宛名を作成できました。

Parallels Desktop 15でのプレイ

依存ファイルをインストールできませんでした…ってなに?

ログインはできましたが、エラーが起きてプレイまではできず…せめてプレイ動作検証まではいきたかったのですが…悲しい。

VALORANTは必要最低スペックのGPUがIntel HD 4000だったので、Parallelsでも動作すると期待していましたが、惨敗しました。

完全に動かない

【 動作可能 】BootCamp +Windows 10の組み合わせでプレイ

Apex Legendsと同じでParallelsでは動きませんでしたが、こちらなら動くと思い、検証してみます。

BootCampとは

BootCamp

Intel製CPUのMacであれば、Windows 10 iSOを使用しBootCampアシスタントを起動して簡単にMacにWindows 10をインストールすることが可能です。

Windows 10に切り換えるには逐一OSの再起動が必要になります。すごく面倒

BootCampでのプレイ動画

思ったより快適にプレイ可能でした。チュートリアルまではかなりスムーズに動作可能。グラフィック設定も落とすことなく動作したので、ApexLegendsよりはかなり軽い印象です。動画を撮影する前にメンテナンスに入ってしまったので、撮影できませんでしたが、後日アップしたいと思います。

ファンが常に全開で回っていて、ドライヤーの弱ぐらいの音がずっとしていました

動く…けど再度検証予定

Parallels・BootCampでVALORANTのプレイまとめ

BootCamp下では動作しないということはありません。意外とプレイ動作も快適だったので、しばらくこれでプレイしてみたいと思います。

【おまけ】プロゲーマーが使っているゲーミングデバイスを調べました!

PC・コンソール(PS4・Xbox)共通

ゲーミングヘッドフォン【必須】

ヘッドセットについているマイクは低品質なものが多いので、別途購入をおすすめします。

ゲーミングイヤフォン【必須】

Apple EarPods with 3.5 mm Headphone Plug
Apple(アップル)
ゼンハイザー プロフェッショナルモニタリングイヤホン IE 40 PRO CLEAR 【国内正規品】
ゼンハイザー(Sennheiser)

ゲーミングカスタムコントローラ(背面パドル付き)

純正コントローラにはない、背面パドルが付いたものになります。ボタンを割り当て、ジャンプ撃ちがやりやすくなったりと、純正ではできなかったキャラクターコントロールが容易になります。

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

ゲーミングアンプ

足音や銃声音のみを拡張することにより、戦闘を有利に進められます。

マイク

PC版

左手デバイスにコントローラ(モンゴリアンスタイル)を使用する場合、ゲーミングマウスは多ボタンのものを使用することをおすすめします。

ゲーミングマウス

Logicool G ゲーミングマウス ワイヤレス G703h ブラック LIGHTSPEED 無線 エルゴノミクス ゲームマウス HERO16Kセンサー LIGHTSYNC RGB POWERPLAY ワイヤレス充電 G703 国内正規品 2年間メーカー保証
Logicool G(ロジクール G)

左手デバイス(キーボード・左手コントローラ)

番外編

マウスコンバータ(PS4でマウス・キーボードなどを使用)

マウスコンバータは、PS4でマウス・キーボードなどを使用可能にする機材です。
PS4でマウスを使えたとしてもPCでの操作感とは違いますので、マウスでプレイしたい場合は、PC版をプレイすることをおすすめします。

キャプチャボード

ゲームの配信・録画を行うときに使います。プレイしているPCやゲーム機の他に別途PCやMacを用意し、接続して使用します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です